スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルセウス座流星群

2013081201.jpg

ペルセウス座流星群、

星降る空から
帰ってきました!

アレルギーもちなので
蚊に刺されると熱をもって腫れあがる私。
デニムに靴下、虫よけスプレーふりまくりで
完全防御体制でいどみました/笑


流れ星
7個まで数えてましたが あとは数えず。

たぶん12~3個はみれました(´ω`o)

中には白い大粒や オレンジの流れ星も。

燃えてるときに赤オレンジ
というのは金属性を含んだ星が摩擦で燃えたのかなとか…

宇宙って、面白いなぁ!


約3時間半ほど 夜空にシートをひろげ
星を観察。


ベガ・デネブ・アルタイル
夏の大三角形もはっきり、

アンタレスを筆頭に
さそり座もしっかり見えました。

そして
真夏の真夜中 川沿いはひんやり寒かったです

家から徒歩3分くらいなのに。


でも、そんななかで
寝そべりながら感じたのは
大地の暖かさ。

地熱はなかなかとれないものなんだと
学んではいたけど、肌で初めて実感。

だから、海と大地の温度差で
風がおこるんだなぁ(´ω`)


風はとっても冷たいのに
背中は地熱で守ってもらってる感じ!

じんわり。

三角形が徐々に移動している
→地球が回転しているのも久しぶりに実感。


空気にくるまれた地球が今、
宇宙の星屑の集まりに
突っ込んでいるんたなぁ

なんて。

地球について
色々考えた星降る夜でした。


暖かい紅茶でほっと一息。
贅沢な真夜中を過ごしながら

今日の星見を締めくくります*
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。